株式会社 齋藤建築設計事務所
直線上に配置
 設計理念
代表取締役 齋藤 美佐男
 建物は個々であってはならず、その街の環境を造るものである。

設計に携わる者はクライアントの意志、財産を守護しつつ、街全体の構想をたてなければならない。 

又、これからの高齢化社会を迎えるに当たり、自然にやさしい、人にやさしい建物及び街造りをし

なければならない 。今日の社会経済は、今までのように次々と新しい建物を建築することは容易で

はなく、今ある建物をどのように利用価値を上げ、且つ安全に生活出来るかを考えなければならない。

我が社は今、耐震補強の研究をもとに建物の再生価値を生み出す設計に取り組んでいます。

 これからの日本の企業は、自国の事のみを考えていては世界の仲間入りは出来ない情勢になって

います。我が社もいずれそれに直面する時が来るであろう事を考え、品質向上を目指し、日々その

研究努力 に勤しんでおります。

・設計事務所は公的ルールを守りつつ、施主の代理人として施主の利害を守り、施主の建築の希望
 を叶える公的に許された唯一の第3者的存在です。

・設計事務所の仕事は、設計・監理はもとより、企画段階からメンテナンスまでの建物に関するすべて
 のコンサルティングを行っています。通常の設計の仕事は、企画、設計、監理までの一貫した設計行
 為です。